やの商店とは

森と人
モノと人
人と人
つなぐ
地域商社

今を生きる人の幸せは未来を生きる人の犠牲の上に成り立っていないだろうか
良かれと思ってやっていることでもどこかにしわ寄せが行っていないだろうか
少し俯瞰して見てみたり少し立ち止まって考えてみたりすると一つの物事にはいろんな側面がある事に気が付きます未来の人も幸せにどこにもしわ寄せが行かない様に事業活動においても多面的なものの見方と多様性を受容することが大切だと私たちは考えますそして無理なくみんなが豊かに前に進むためには社会貢献と利益追求を車の両輪に見立ててその両輪を同じスピドで進めていかなくてはなりません
ビジネスとしてその両輪を創り出すことそしてその両輪を回し続けるお手伝いをすることそういった役割を私たちやの商店は社会の中で担っていきます

事業内容

森と人

私たちは、山の森林からたくさんの恩恵を受けて暮らしています。山に降った雨は土中の豊富な栄養を伴って川へ、そして海へと流れていくことで、水辺の生態系を育み、水産資源として私たちの暮らしを豊かにしてくれます。
また、山の森林が持つ保水力によって、渇水被害や下流域での洪水被害などの災害から、私たちの暮らし守ってくれています。でも、これらの恩恵は「健康な森林」でなければ作り出せないこと。健康な森林づくりで大切なことの一つに、土壌に日光をしっかりと届かせるための間伐作業があります。やの商店は、その作業で出た間伐材や整備された森林空間をデザインし、販売・提供することで、山の整備の担い手さんをサポートします。

モノと人

作り手と使い手を繋ぐのがやの商店が担う役割の一つです。作り手が想いを込めて生み出した様々なモノと、それを必要としている使い手を繋ぐことで、お互いが幸せになる関係を生み出したいと思います。作り手の想いを伝える販売代理店の視点と、使い手の立場に立った購入代理店の視点の両方を持つことで、両者にとっての最適で円滑な取引をお手伝いいたします。そうなると作り手も使い手もご自身本来の仕事に専念でき、より豊かで良質なモノが生み出されるはずです。
私たちは物事をより円滑に進めるための“潤滑油”であり、またそれぞれの立場で生まれるギャップを埋める存在でもあり、社会の豊かさを意識したトレーディングカンパニーとして活動しています。

人と人

新しくお店を始めたり、新規事業を立ち上げたりと、何かを生み出そうとするときに、的確な人材を集めて強力なチームをつくることもやの商店の仕事です。これまでにない、より豊かなモノを新しく創り出そうとするときには、異質な人どうしが交わりお互いを認め合い協力することで、初めて新たな価値を生み出すことが可能です。
一見、異分野で自分とは関わりのないと思う人でも、様々な得意分野を持った人たちが集い、それぞれ意見を出し合い認め合ったら強力なチームになります。やの商店は、多様な人たちがシナジーを生み出すための触媒となったり、しっかりとみんなで前に進むための緩衝材となったりと、チームづくりをサポートいたします。

お知らせ&ブログ